いかに生きるか?


春三月、梅の花、桃の花、椿の花、辛夷の花、山茶花たちが開いては散っていく。
一方で早咲きの桜が咲いて、散り始めたかと思うと、種々の花たちが咲き始めた。

淡いピンク色に匂うソメイヨシノも各地で開花し、山々は少しずつ色づいていく。
満開になれば、上野や千鳥ヶ淵あたりでは、桜の木下で酔客たちが杯を重ね合う。

昨年も一昨年も同じように季節が移ろい、春色の航海は多くの人を乗せて流れる。
何年もの間、この移ろいをあたかもビデオテープを繰返し見るように眺めてきた。

だが、次第に年を重ねていくうちに、色褪せて行く人生と老いて行く心身に悩む。
自らだけではなく、家族のこと、友人のことでも悩み苦しみ生き方を思い苦しむ。

社会の変化、時代の変遷に何かを敏感に感じて、先行きの小さな不安に苛まれる。
だが、何を心配していても、どんなに思い煩おうとも桜が毎年咲いて時は流れる。

それでも思う。悩むより自然の花たち同様に自らを精いっぱい生きて死ねばよい。
誰のものでもない自分自身の人生を自分らしく精いっぱい楽しんで生きればいい。

広告
カテゴリー: | コメントをどうぞ

春爛漫!


我が家の窓の下を眺める。

白いコブシの花が咲いていたが、

もう散り始めた。

東側の窓の下も西側の窓の下も、

陽気につられて、

淡いピンクのソメイヨシノが咲き始めた。

いよいよ、春爛漫の時が来た。

<2018年3月25日の桜>

カテゴリー: | コメントをどうぞ

めまい!


ぼくは今、迷っている。人生の進路を迷っている。それはめまいに等しい。だけど、これは誰もが陥る人生の通り道。

ぼくは今、困っている。乗り越えがたい高い壁を前にして困っている。だけど、これは誰もが抱える人生の通り道。

ぼくは苦しんでいる。人生の途上で痛みに耐えかねて苦しんでいる。だけど、これが普通の人生の通り道。

ぼくは今少し悟っている。誰にも言えない苦悩も困難も痛みも人生なのだと。これが普通の人生の通り道。

カテゴリー: | コメントをどうぞ

色即是空!


仕事がうまくいかなかったとき、何度か思った。

ぼくには恋人がいる。

人生は仕事だけじゃない。

世界は男と女でできている。

恋人がいれば、それ以外はどうなってもかまわない。

そう思って自分を慰めた。

だけど、それは大きな勘違いだった。

人生は男女の愛情だけでは解決できない。

人生は男女の愛を捨てた時にようやく理解できるものだ。

人生に必要なのは恋人でも地位でも名誉でもない。

いちばん大切なのはそういった属性をすべて捨てたところにある。

人生はただただ生きるところにあるのだ。

飾り付けられたアイデンティティをすべて切り捨てたところにある。

そう思えば、「色即是空」に近づけた。

カテゴリー: エッセイ, 日記 | コメントをどうぞ

わたしはわたし!


しばしば見かける行列のできる店や、大勢の人が好む音楽、大勢の人が好む意見。自分自身の好みや意見とは無関係に世間の大勢がいいと言っているからと、も同調する人たちが大勢いる。

「みんなと同じものごとを見たくない、聞きたくない、言いたくない。」と言う人は、自分が世間とは違うことを知るだけだけど、それでも。決して大勢の世間様と同じである必要はない。

みんなが見ているから見る、みんなが聞いているから聞く人たちは大勢いる。それとは違って、自分の好みや考えに従って、同調しないのはいいことだ。

時には尊敬する人がいて、その人と同じようになろうとする人もいる。だけど、同じ人間にはなれない。たとえ、父親、母親を尊敬して、同じようになろうとしてもなることはできない。

はじめから、人と同じようにしようとか、同じような人になろうとする必要はないのだ。どんなに苦しかろうと、どんなに悩もうと、どんなに困難であろうと、自分自身になることだ。

カテゴリー: | コメントをどうぞ

未来!


過去を悔いるのはいいことだ。

過去を思い返して嘆くのも大切なことだ。

だけど、そのために前に進めないとしたら、意味がない。

過去は未来のためにある。

過去はこうだったとかああだったとかは、意味がない。

大事なことは今を認めることだ。

そして、今の自分を認めて、未来のために生きる事だ。

過去への執着は自分を拘束する。

すべての人に言いたい。

未来を見ようではないか。

カテゴリー: エッセイ, 日記 | コメントをどうぞ

桜の開花と寒の戻り!


22日は暖かかった。母と多摩市に出かけた。昼過ぎ、ソメイヨシノの名所、多摩市の乞田川へ桜を見に行った。ちょうど、東京で開花宣言がされた人の翌日ということで、ここでも数輪開いていた。

川沿いの小道には桜祭りの登りがはためいていた。いよいよ、桜の季節だ。花びらは数輪であっても、これから、桜の満開が近づき、春真っ盛りとなることを思えば、気分もよくなる。

今週末、あるいは来週末には花見客が押し寄せるだろう。花見客で賑わう乞田川の様子を想像しながら、歩いていると、少しは明るい気分になる。

日本各地で、平年と比べて少し早く、桜の開花が宣言されている。20日には、長崎で、21日には福岡、東京、横浜で開花。22日には宮崎、松山、高知、広島、名古屋、岐阜で開花宣言があった。

昨年と比べると、どこも少し遅れているが、やはり、平年と比べると、季節の循環が早くなっているような気がする。気候変動と関係があるのだろうか。

それから、昨日今日と20度前後の気温だったのに、今後の天気予報によると、寒の戻りがあるらしく、月末にかけて、最高15度前後の気温になるらしい。これは毎年あることだ。そして、これがあるからこそ、桜の満開が遅れる。そして、多くの人々を楽しませてくれる。

  • 03/23 最高11度、最低07度 降水確率10% 曇後晴 北風初め強い
  • 03/24 最高13度、最低05度 降水確率00% 晴 北西の風後南東の風
  • 03/25 最高19度、最低05度、降水確率10% 晴後ち曇
  • 03/26 最高15度、最低07度 降水確率40% 曇
  • 03/27 最高18度、最低07度 降水確率20% 晴時々曇
  • 03/28 最高16度、最低09度 降水確率40% 曇
  • 03/29 最高15度、最低07度 降水確率40% 曇時々晴
  • 03/30 最高13度、最低06度 降水確率20% 晴
  • 03/31 最高14度、最低09度 降水確率60% 晴一時雨
カテゴリー: エッセイ, 日記 | コメントをどうぞ

人生はゲームではない。


人生はゲームではない。

勝っただの負けただのはない。

スーパーマンもいない。

本当の善人もいない。

本当の悪人もいない。

偉大な人もいない。

許せぬ人もいない。

生きる価値のない人もいない。

人生には山も谷もあるが、絶望することはない。

人生には勝ったり負けたりするようなことはあるが、

決して勝ったのではないし、負けたのではない。

人生には苦も楽もあるが、

すべてそう見えるだけで、実像ではない。

この世には本当の善人も悪人もない。

人生に勝っただの負けただのはない。

人生はゲームではない。

カテゴリー: エッセイ, 日記 | コメントをどうぞ

陰暦2月15日!


今日3月21日は春分の日で、陰暦では2月15日、そして、満月の日だ。古い言い方をすれば、如月望月の日だ。それと彼岸の中日。

彼岸といえば、「暑さ寒さも彼岸まで」という。寒さも終わりのようで、今日は本当に暖かかった。半ズボンの人もけっこういた。昼の気温は20度ぐらい、今も室内気温は23度。昨日あたりから急激に暖かくなった。

今日の望月は雲に隠れて見えないが、昨日あたりからほぼ丸くなっていた。春は如月望月とともに一気にやってきた。

ソメイヨシノは一気に開きはじめた。気象庁は、昨日20日、長崎で、今日21日、福岡、東京、横浜で開花を宣言した。ただ、今日は風が強かった。木々がゆらゆら揺れていた。

といっても、明日はまた少し寒くなるらしい。一度冷えてくれれば、ソメイヨシノは少し満開を遅らせることになる。4月上旬まで散らずに残ってくれたら、それもうれしい。

去年の桜!
カテゴリー: | 2件のコメント

ソメイヨシノの開花!


今日、長崎でソメイヨシノが開花したという。標準木の桜の花が5輪開いたそうだ。東京は標準木の桜の花が4輪咲いたそうだが、5輪目は開かなかったそうだ。

明日、東京ではおそらく開花宣言されるのは間違いないだろう。東京の桜の開花が21日になるのは少し早い時期のように思える。4月の入学式シーズンに桜が散ってしまっていたら、少し残念だ。

さて、いつも見に行く桜は蕾がピンクに色づいている。明日は見に行きたいと思う。

去年3月下旬に見た護国寺の桜!
カテゴリー: エッセイ, 日記, | コメントをどうぞ