Lotus pond in April


There are no flowers or greenery in the lotus pond in spring.

But, there are only expectations for the glittering summer.

カテゴリー: つぶやき, 英語, 関東風景写真, 日記 | コメントをどうぞ

Live like water!


今ある状態の中で、あるがままに生きようと思う。

どうにもならない今の状況で、誰かを攻撃しても仕方ない。

強がっても、また、必要以上に卑下しても意味がない。

丸い容器に入れば、丸くなり、四角い容器に入れば、四角になる。

そんな水のように、その場の状況に応じて、変化しながら生きようと思う。

決して、自分はこうでなければならないという形を持つ必要はない。

川にあれば、川の水となり、海にあれば、海の水となるように生きたい。

カテゴリー: つぶやき, 日記, | コメントをどうぞ

Red and green maple!


四月、赤紅葉と青紅葉のコラボレーション!

April,

Collaboration of red maple and green maple!

カテゴリー: 草花, 日記 | タグ: , , | コメントをどうぞ

Colorful smiles!


みんな、笑ってる。

みんな、顔の色も笑い方も、

みんな、違うけど、

みんな、すてきな笑顔。

みんな、笑顔になればいい。

カテゴリー: つぶやき, ポエム, 日記 | コメントをどうぞ

自戒のことば-発言


ことばを発する際には、誰もみな、それが周囲に、あるいは、相手に与える影響を考えて、慎重にすべきである。

たとえば、知らないことを知っているように言うべきではない。知らないことは知らないというべきである。

たとえば、わからないことをわかったように言うべきではない。わからないことは、「わからない」というべきだ。また、推測する時には、「推測に過ぎないが」と前置きすべきである。

たとえば、自分自身の目で、確認していないことなのに、特別に信じる人の発言だからといって、簡単に信じて、広めるようなことを言ってはならない。

たとえぱ、自分以外の人にも、自分と同じように自尊心があるのだから、その自尊心を傷つけるようなことばをどんな場合でも決して言ってはならない。

たとえば、人と話す際に、自分を基準にして、相手が上にいる人か、下にいる人かという捉え方で、ことばを発するべきではない。

これらのことに関して、特に、社会的に影響力のある人物は、自分の発言において、誰よりも慎重でなければならない。

カテゴリー: つぶやき, 日記 | タグ: , , | コメントをどうぞ

雨に濡れたハナミズキ!


日本が桜を送ったワシントンDCから返礼として、

日本に送られたハナミズキ、今、あちらこちらで花開いている。

花言葉は華やかな恋心、私の愛を受け止めてほしい!

一日中、雨の火曜日、道ばたの並木は、ピンクのハナミズキ。

雨に濡れたピンク色の艶っぽい花姿が人を引きつける。

カテゴリー: つぶやき, 草花, 日記 | コメントをどうぞ

新俳句-NEW HAIKU


 伊藤園の「お~いお茶」(パック式)を買うと、パックの入った袋の裏側に俳句が書いてある。といっても、伝統的な俳句とは違うようで、「新俳句」と銘打ってある。袋によって、いろいろな俳句が書かれてあるのだが、例えば、以下の句だ。

目に象が

 乗っているのか

 ねむすぎる

「伊藤園新俳句大賞 金子兜太賞」

 千葉県に住む11歳の子どもが詠んだ句。眠い時、まぶたが重く感じるのを大きな象が乗っているせいだろうかと言う。子どもの発想というのはやっぱり面白い。

 ところで、昨日、新しい袋を開けて、パックをお茶のポットに入れ、お湯を注いでから、空いた袋をゴミ箱に捨てようとした時、おやっと思った。袋の裏面の俳句が日本語ではなくて、英語で書かれてあった。

a jellyfish plays jazz

piano trumpet contrabass and vocal

all alone

「伊藤園新俳句大賞 英語俳句の部大賞」

 クラゲがやるのはジャズ

 ピアノ、トランペット、ベースにボーカル

 すべて独りで

「伊藤園新俳句大賞 英語俳句の部大賞」

 なるほど、クラゲの動きがまるで、ジャズ演奏をやっているように見えるのだろう。それも、ピアノ、トランペット、ベース、ボーカル、それらすべてを独りでやっているというのだ。ユニークでおもしろい。

 この英語俳句は日本の北海道に住んでいる14歳の子どもの句だ。「目に象が」の句といい、この句といい、子どもの発想には素朴な驚きがあっていい。素朴で詩的な発想は大人になるにつれて、消えていく。この詩の心、今からでも取り戻したいものだ。

 日本の子どもも作る新俳句。俳句は、今や、世界のもの。俳句人口は世界に広がっていると聞く。伊藤園さんが、外国人の俳句も拾ってくれたら、世界はもっと面白くなるだろうと思った。

カテゴリー: 日記, 俳句 | タグ: | コメントをどうぞ

COVID-19(2021/04/11)


【世界の感染者数と死者数の変化】 DATA 2021/04/12 01:46(日本時間)

感染者数感染率死者数致死率
21/04/11135,549,7331.742,930,6992.16
21/04/04130,917,0351.682,848,4392.18
21/03/28126,844,3691.632,799,1142.19
21/03/21123,055,0481.582,712,7592.20
21/03/14119,687,8501.542,650,7842.21
21/03/07116,639,0241.502,590,1592.22
21/02/28113,959,4611.462,528,2842.22
21/02/21111,203,9781.432,463,0482.21
21/02/14108,692,3091.392,396,6492.20
21/02/07105,909,6561.352,312,5062.18
21/01/31102,741,3141.312,211,8682.15
データ参照:Johns Hopkins CSSE, WHO 更新2021/03/29 01:01(日本時間)
※感染率は日本外務省、および、WHO発表の人口(最新版)をもとに計算

【感染者数の多い国の感染者数と死者数】2021/04/12 01:46(日本時間)

感染者数感染率%死者数致死率%
アメリカ31,167,3669.53561,8401.80
ブラジル13,445,0066.42351,3342.61
インド13,358,8050.99169,2751.27
フランス5,001,6857.7098,2131.96
ロシア4,589,2093.15101,2822.21
イギリス4,384,6106.53127,3312.90
トルコ3,798,3334.6133,7020.89
イタリア3,769,8146.22114,2543.03
スペイン3,347,5127.1776,3282.28
ドイツ3,010,7263.6278,4252.60
ポーランド2,574,6316.7958,4212.27
コロンビア2,518,7155.0765,6082.60
アルゼンチン2,517,3005.6757,6472.29
メキシコ2,278,4201.81209,2129.18
イラン2,070,1412.5364,4903.12
ウクライナ1,905,4304.3138,7182.03
ペルー1,639,7675.1354,6693.33
チェコ1,580,18915.1027,8081.76
インドネシア1,556,9950.5942,5302.71
南アフリカ1,557,5272.7053,2563.42
オランダ1,374,2428.0616.9561.23
チリ1,076,4995.6824,3462.26
カナダ1,063,2022.8323,2772.19
ルーマニア1,006,1675.0925,1352.50
データ参照:Johns Hopkins CSSE, WHO 更新2021/03/29 01:01(日本時間)
※感染率は日本外務省、および、WHO発表の人口(最新版)をもとに計算!

【日本の感染者数と死者数】21/04/11

感染者数感染率死者数致死率
21/04/04506,7110.409,4081.86

 日本では大阪の感染者数が東京を上回り、「蔓延防止等重点措置(蔓延防止)」が適用された。東京都でも23区と八王子、町田、八王子、府中、調布、立川、武蔵野の6市で、明日12日から一ヶ月間、「蔓延防止」が適用される。酒を伴う飲食店では午後8時以降、営業できなくなる。おかしな話で、ある駅では、8時以降、北口の店は営業できず、南口では営業できるというおかしなことが起こる。

 世界では先進国を中心にワクチン接種が進んでいるようだ。感染率はさらに高くなっているが、一方で、致死率は下がっている。ワクチン効果なのだろうか。それとも、何か他の要因があるのだろうか。いずれにしても、感染者数は1億3千万を越え、死者数は300万に迫っている。

 ワクチン接種に関しては、日本の場合、ほとんどの地域でまったく進んでいない。東京都では、いくつかの地域で、明日から65歳以上の高齢者に対するワクチン接種が始まるそうだが、変異型ウィルスに効果があるのかどうか疑わしく、積極的に接種を受ける人が少ないようだ。

 今、ワクチン接種の通知が来たら、どうしようかと思っている。どうにも信用できない。何だか、リスクがあるように思う。このまま、仕事もせず、田舎でひっそりと生活していたい気分だ。これでは非生産的であることはわかっているが、それでも右へ行くのも左へ行くのも拒否したい気分だ。

カテゴリー: コロナウィルス, 日記 | 2件のコメント

自由を歌う


自由を歌う人の声は、

声を奪われても囁き続ける。

闇の向こうの歓喜を歌い続ける。

自由を歌う人の目は、

歪んだ地平線を眺めている。

闇の向こうに光を見つめている。

自由を歌う人の耳は

声を奪われてもつぶやく人の声を聴き、

希望を語らない朝日の嘆きを聞く。

自由を語る詩人の言葉は

陰鬱な世界に愛と夢を語る。

絶望は希望だと語る。

カテゴリー: つぶやき, 日記 | コメントをどうぞ

自戒のことばー交際の仕方


地位、権威、肩書き、外見、財産、業績などを見て、人を恐れたり、敬ったり、軽蔑したりするのは愚かなことだ。

どんな時、どんな場面、どんな相手に対しても、あなたは誠心誠意、人として行うべきことを行わなければならない。

そうして、人を見る時は、常に何をするかということを基準に、その人を平等に評価し、交際すべきである。

ただし、これは決して絶対的な指標ではなく、生き方の努力目標であって、失敗もまた、笑って認めるべきである。

カテゴリー: つぶやき, 日記 | タグ: , , , | コメントをどうぞ