桜と言えば


桜散る、といえば、不合格、春の終わり。
そして、旧暦3月下旬、晩春の季節。
あれだけ賑やかに色づいたピンク色が次第に色を失い、
ところどころにピンク色を残している数本の木があるのみ。
4月上旬、なかなか開花しなかった桜の木が晩春を彩る。
また、ピンク色の路上に、春の名残を踏みしめて思う。
人生の春を、晩春の人生を思う。
 
確か、ニーチェが言ったのだと思うが、人生を一年にたとえるなら、
20歳はまだ正月、30歳はまだ1月、40歳、50歳もまだまだ2月3月、
さて、今中年の人たちは晩春なんだと。
しかし、就職難、少子化問題、年金問題、数多くの問題を積んだ日本丸は
豪華客船タイタニックよりも、沈没は明らかだ。
火を見るよりも明らかに沈没する船にいるよりは
脱出を試みるほうがまだましだという考えもある。
 
 
広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中