静かな夜の思い


静夜思  李白
 
  床前明月光, chuan2 qian2 ming2 yue4 guang1,
 疑是地上霜。  yi2 shi4 di4 shang4 shuang1.
  举头望明月,  ju3 tou2 wang4 ming2 yue4,
 低头思故乡。  di1 tou2 si1 gu4 xiang1.
 
以下、拙訳
 
   静かな夜の思い
 
 ベッドに差し込む月明かり
 目覚めてみれば、
 地上に霜が
 敷き詰められたようだ。
 顔を上げ、
 明るい月を見てると、
 ふと、
 故郷を思い出し、
 うなだれてしまった。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 唐詩 パーマリンク

静かな夜の思い への2件のフィードバック

  1. 果粒橙 より:

    ホームシックですか?

    いいね

  2. Chengsheng より:

    そうですね。
    月を見ていると
    遠くにいる人を思い出しますから。
    今、思っているのは中国にいる友達のことかな。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中