通勤


 少し寝坊したため、バス停までおよそ1キロ足らず走っていった。かろうじて、いつものバスに乗ることができた。これで、いつもの急行に乗れると思って安心したのだが、バスがまた遅れて駅に到着。いつもの電車に乗るため、バス停からホームまでダッシュ。電車に乗って安心したのもつかの間、車内放送があり、他の駅で車両故障があったため、電車が遅れて出発するという。あちこちの駅で、しばらく止まってから出発する。結局いつもの二倍近い時間をかけて山手線の駅に到着。今度は地下3階にあるホームから地上2階にある山手線ホームまで、人の波を縫いながら、ダッシュ。しかし、山手線もまたまた、何かトラブルがあったかのようで、しばらく動かず、ようやく出発してくれた。結局会社のある駅に着いた時は、始業3分前だった。ここでもまた、ダッシュ。会社に着いたら、1分前。すでに疲れきっている。
 いつもは、20から30分くらいはゆとりを持ってつくようにしている。余裕を持って着く時もあるが、時々、電車が遅れて、15分前、あるいは10分前に着くというのが、日常的に続く。今日は特別だった。
 帰りの電車もひどかった。駅に着いたら、乗る電車は出たばかり、私鉄のホームでも同じ。電車の中は、花金でもないのに、ひどい込みようで、読もうと思って持っていた本は、読むどころか、人に押されまくって、しわくちゃになる。各駅に着くたびに、ぐいぐいと押される。脚は向こう、鞄は人と人の間に入り込んで、紐が切れそう、上半身は押されて脚とは反対の方向に倒される。やっとで着いた最寄駅では降りようとせずとも、押されて突き出されるような始末。駅に着いた時はへとへとだ。バスはちょうど出たばかりで、しばらく待たなければならない。本を読みながら待つ。やっとできたバスには、前列で待っていたから、座れたものの、やはり満員バスで、息苦しい。毎日こんな生活をしているのは私だけではないだろう。東京に通うサラリーマンたちのストレスは、いつか爆発しそうだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中