静夜思 李白


静夜思 李白
 
  床前明月光,疑是地上霜。
  举头望明月,低头思故乡。
 
[中国語ピンイン]
  chuang2 qian2 ming2 yue4 guang1, yi2 shi4 di4 shang4 shuang1.
   ju3 tou2 wang4 ming2 yue4, di1 tou2 si1 gu4 xiang1.
  
[訓読]
     しょうぜんげっこうをみる、うたがうらくはこれちじょうのしもかと。
  床前月光を看る,疑うらくは是地上の霜かと。
    こうべをあげてさんげつをのぞみ、こうべをたれてこきょうをおもう。
  頭を挙げて山月を望み、頭を低れて故郷を思う。
[現代日本語訳]
 
静かな夜に思う
  寝床から月光を見る、
  地に霜が降りたかのように明るい。
  頭を挙げて山月を眺め、
  頭を垂れて故郷を思(おも)い出(だ)す。
 
[別訳(超訳)] 
静夜の思い
   ベッドに差し込む月明かり、
  大地にいっぱいの霜がおり、
  夜空の明月あおぎ見れば、
  ふるさと思い、うなだれる。
広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 唐詩 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中