命短し恋せよ乙女


 今日、日本語能力試験の読解練習問題の中に、おもしろい話題の文章があった。

 男性の中には突然死への願望があるという。だが、課題文の筆者は突然死よりも癌死のほうがいいという。それは癌を宣告されてから、その残された期間がたとえ短くても長くても、その期間に、人生の総括ができるからだという。突然死ではできないことだ。癌の告知を医者がすることについてもいろいろ問題がある。告知を当人に対してするか、家族に対してするかと言う問題だが、筆者は当然、当人に対して告知することを選んでいる。そして、告知されたその日から、自分の人生をまとめるのだ。

 わたしがもし癌の宣告を受けたら、どうするだろうか。わたしは残された期間、精一杯仕事をするだろうか、それとも、遊びまわるだろうか。そう思いながら、学生たちに聞いて見た。学生は戸惑っていたが、ある若い学生が思い切り遊ぶと言った。実際の場面に遭遇したら、誰でもそうするだろう。しかし、わたしは思う、余命を宣告されたら、人は何かを成し遂げたいと思うのではないだろうか。自分が生きた証を残したいと思うのではないだろうか。

 思い出す映画がある。黒澤明監督の『生きる』という映画だ。かなり古い。区役所で、ただ家族のためにだけ生きてきた市民課長。マンネリ化したハンコ押しをしていたが、ある日、癌で余命4ヶ月だと告げられた。それから、彼は毎日、知り合った若い女の子と遊び歩いて、金を使いたい放題に使った。しかし、ある時、そのむなしさに気付いた。「自分にはすることがある」、「しなければならないことがある」と思った。そんな時、役所に児童公園を作って欲しいと言う陳情があった。かれは、これこそ、自分がすべきことだと思い、その児童公園を作るために、尽力するのだ。そして、公園が完成した雨の夜、完成した公園のブランコに揺られながら、「ゴンドラの唄」を歌う。歌いながら、死んでいくのだ。

 人は命あるうちに、この世に何かを残したいと思うもの。虚しい人生を送れば、誰でも後悔するに違いない。わたしは、この映画を、この歌を思い出しながら、改めて、いつ死んでも後悔しないように、いつでも最善を尽くして生きていきたいと思った。

  ゴンドラの唄

 作詞:吉井勇 作曲:中山晋平

 いのち短し戀(こい)せよ少女(をとめ)

 朱(あか)き唇(くちびる)褪(あ)せぬ間に

 熱き血潮(ちしほ)の冷えぬ間に

 明日の月日(つきひ)のないものを

 いのち短し戀せよ少女

 いざ手を取りてかの舟に

 いざ燃ゆる頬(ほ)を君が頬(ほ)に

 ここには誰(た)れも來(こ)ぬものを

 いのち短し戀せよ少女

 波にただよひ波の様に

 君が柔手(やはて)をわが肩に

 ここには人目ないものを

 いのち短し戀せよ少女

 黑髪の色褪せぬ間に

 心のほのほ消えぬ間に

 今日はふたたび來ぬものを

以下、”YouTube”で、「ゴンドラの歌」を聞き比べてみるのもいいいかと思います。

歌:森繁久弥

 http://www.youtube.com/watch?v=o29BztcPuoY&feature=related

歌:小林旭

 http://www.youtube.com/watch?v=Qw3tIli_lL0&feature=related

歌:加藤登紀子

 http://www.youtube.com/watch?v=ex5i3TpGyY4&feature=related

歌:鮫島有美子

 http://www.youtube.com/watch?v=5ykf2j0PGQU&feature=related

ゴンドラの唄 – ニニ・ロッソ

 http://www.youtube.com/watch?v=GtZzR5MbKAU&feature=related

歌:森昌子

 http://www.youtube.com/watch?v=ilOVtRdIYRk&feature=related

歌:小柳ルミ子

 http://www.youtube.com/watch?v=QYRyNMrek8E&feature=related

歌:キム・ヨンジャ

 http://www.youtube.com/watch?v=eE77z_j_fGA&feature=related

歌:ちあきなおみ

 http://www.youtube.com/watch?v=D1lO-Xfxk3M&feature=related

歌:松井須磨子

 http://www.youtube.com/watch?v=XliJ3ufE4U8&feature=related

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中