横浜象の鼻パーク


NCM_4239

「象の鼻パーク」説明版

象の鼻地区の波止場は、時代とともにさまざまな愛称で親しまれてきました。開港当初の波止場は東西2本の直線状の突堤で、東側の突堤は「東波止場」と呼ばれ、主に外国からの輸出入貨物の積卸しに使用されました。西側の突堤は「西波止場」と呼ばれ、国内貨物の積卸しに使用されました。

元治元年(1864)、貿易量の増大に伴い、現在の山下公園中央付近に新たに「東波止場」が造られると、象の鼻地区の2つの突堤を総称して「西波止場」と呼ぶようになりました。

フランス人建築家クリベによる「横浜絵図面」には、慶応元年(1865)当時の西波止場の姿が描かれています。当時の水際線は、現在の横浜開港資料館前の海岸通りの位置にあり、2本の突堤はそこから海に突き出ていたと考えられます。

東波止場はフランス人居住区の全面にあったので「フランス波止場」とも呼ばれました。明治2年(1869)、象の鼻地区の全面にイギリス領事館(現在の横浜開港資料館の所在地)が建てられると、西波止場は「イギリス波止場」とも呼ばれました。西波止場の西側の突堤は、国内貨物用だったので「日本波止場」、税関の建物に近いので「税関波止場」とも呼ばれました。

象の鼻パークでは、西波止場の西側の突堤の位置を、広場内の舗装パターンを変えることで表現しています。

 

以上の説明には「象の鼻」の由来は書いていない。別の説明版によれば、港の防波堤がちょうど象の鼻のような形で海に突き出ているからだという。

NCM_4237  NCM_4240 NCM_4241 NCM_4242 NCM_4243 NCM_4244 NCM_4245 NCM_4250

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
画像 | カテゴリー: 関東風景写真, 撮影・散策 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中