深川・芭蕉


東京深川を歩いた。松尾芭蕉の銅像があちこちに見られる。下町情緒豊かな町だ。松尾芭蕉 (1644年三重県伊賀市-1694年)はここ深川から奥の細道に出立した。

「奥の細道」の冒頭

一、深川

月日は百代の過客にして行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。与もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず。海浜にさすらへて、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、やや年も暮、春立る霞の空に白河の関こえんと、そぞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。もも引の破をつづり、笠の緒付かえて三里に灸すゆるより、松島の月先心にかかりて住る方は人に譲り、杉風が別墅に移る。

DSCN6126 

DSCN6134 DSCN6138  DSCN6128DSCN6144

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
画像 | カテゴリー: 関東風景写真, 撮影・散策, 日本文学 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中