日本サッカーのために-ファンのあり方!


以前から気になることだが、日本のサッカー批評家たちは、日本の選手がゴールのバーを越えるシュートを打っても、「いいですね!」などと言っていた。今もそういう批評家が多いかもしれない。セルジオ越後だけが、厳しい批評をしていたし、今もしている。

わたしは以前から日本サッカーのシュート力のなさに苛立っていた。打つなら、ゴールに向かうことが第一に必要だと思っている。また、シュートスピードもそうだ。全日本の試合で強烈なシュートを見ることが少ない。また、今回の大会にしても、いつも攻撃的なだけで、全員守備で固める時があってもいいのではないかと思うが、常に攻撃スタイルを変えないと言っていた。どうかしている。時にしっかり守り、時に早く攻めたり、時にゆっくり攻めたりと、大リーグの田中将大投手のようにスイッチを入れ替えるような攻撃が必要だ。ワンパターンこそ無能の証だ。

そんな時、ファンはどうすればいいか。日本サッカーを愛するなら、強いブーイングを鳴らすべきだ。ほめてばかりいるファンは要らない。日本のプロ野球を見ればもっとよくわかるはずだ。熱狂的なファンは成績が悪いと、怒り、いいとともに喜ぶ。悪いものは悪いということが必要だ。ザッケローニは失敗した。一つのパターンしかなくて、それを大会前のテストマッチで披露した。いくつもの攻撃パターンを持ち、それを試しながら、常に相手によって、変更していく。そして、時にギアを入れ替える、そんなサッカーができるように応援したい。

サッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

 

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: サッカー, スポーツ タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中