世界杯グループリーグ参加国ランキング


グループステージだけで、参加国32チームに順位を付けてみた。

優先基準①勝点 ②得失点差 ③得点

濃い赤色:8強に進出した南米の国。
濃い青色:8強入りし欧州の国
濃い緑色:8強進出の中米の国。
濃い灰色:16強入りした国。
薄い灰色:グループリーグ敗退。

勝点 得点 失点
1.オランダ(8強) 9 10 3
2.コロンビア(8強) 9 9 2
3.アルゼンチン(8強) 9 6 3
4.ベルギー(8強) 9 4 1
5.フランス(8強) 7 8 2
6.ブラジル(8強) 7 7 2
6.ドイツ(8強) 7 7 2
8.コスタリカ(8強) 7 4 1
8.メキシコ(16強) 7 4 1
10.チリ(16強) 6 5 3
11.スイス(16強) 6 7 6
12.ウルグアイ(16強) 6 4 4
13.アルジェリア(16強) 4 6 5
14.米国(16強) 4 4 4
15.エクアドル(一次) 4 3 3
15.ナイジェリア(16強) 4 3 3
17.ギリシア(16強) 4 2 4
18.ポルトガル(一次) 4 4 7
19.クロアチア(一次) 3 6 6
20.ボスニア・H(一次) 3 4 4
21.コートジボワール(一次) 3 4 5
22.イタリア(一次) 3 2 3
23.スペイン(一次) 3 4 7
24.ロシア(一次) 2 2 3
25.ガーナ(一次) 1 4 6
26.イングランド(一次) 1 2 4
27.韓国(一次) 1 3 6
28.イラン(一次) 1 1 4
29.日本(一次) 1 2 6
30.豪州(一次) 0 3 9
31.ホンジュラス(一次) 0 1 8
32.カメルーン(一次) 0 1 9

この表から見て、最も勢いのあるのはオランダだ。次はロドリゲスというヒーローがいて、しかもブラジルに近いコロンビアだ。またメッシ擁するアルゼンチンも有力だ。もちろん、開催国ブラジルは外せない。開催国には、国民の強い後押しがある。

こうして見ると、オランダを筆頭に、ドイツ、フランス、ベルギーのヨーロッパ勢対ブラジル、コロンビア、アルゼンチンの南米の戦いだ。そして、ここに優勝オッズ2501倍という中米のコスタリカが加わっているのはおもしろい。

村サッカーブログ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: サッカー, スポーツ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中