AFCアジア杯 日本初戦勝利を収める!


1月12日午後、日本(FIFA54位)にとってのアジア杯緒戦、パレスチナ(115位)との試合があった。
日本は前半早い時間に得点を決めた。前半8分、遠藤保仁がペナルティーエリア外から、シュート。風が強い中、ゴール済みを狙ったごろのシュートがゴール左隅に決まる。
前半25分、香川真司がシュートを放つ。だが、ゴール左に外れそうだったライナーを岡崎慎司がヘッドでコースを変え、ゴール左側に決めた。
前半終了直前、香川がペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。本田が決めて3-0になる。
後半に入って、開始早々、香川真司のあげたセンタリングを吉田麻也が豪快なヘッドでゴールに突き刺す。
だが、その後、日本の攻撃はあまりぱっとしない。遠藤保仁が後退した後、ますますさえないものになった。そして、パレスチナが二枚目のイエローカードで10人になった後は、惜しい場面は数度あったものの、前半ほどのアグレッシブさが失われた気がする。逆にパレスチナにも惜しい場面が増えた。この点は次の試合に修正していかなければならない。次は、16日イラク[114位]戦、20日ヨルダン[93位]戦だ。

1月12日 日本 4(3-0、1-0)0 パレスチナ
得点[日]遠藤保仁(08’)、岡崎慎司(25’)、本田圭佑(44’)、吉田麻也(50’)

[ ]内はFIFAランキング。

グループA
順位 チーム 勝点(勝-分-負)得-失点
① オーストラリア[100]   3(1-0-0)4-1
② 韓国[69]   3(1-0-0)1-0
③ オマーン[93]   0(0-0-1)0-1
④ クウェート[125]   0(0-0-1)1-4

グループB
順位 チーム 勝点(勝-分-負)得-失点
① ウズベキスタン[71]   3(1-0-0)1-0
① 中国[96]   3(1-0-0)1-0
③ サウジアラビア[102]   0(0-0-1)0-1
③ 北朝鮮[150]   0(0-0-1)0-1

グループC
順位 チーム 勝点(勝-分-負)得-失点
① UAE [80]  3(1-0-0)4-1
② イラン[51]   3(1-0-0)2-0
③ バーレーン[110]   0(0-0-1)0-2
④ カタール[92]   0(0-0-1)1-4

グループD
順位 チーム 勝点(勝-分-負)得-失点
① 日本[54]   3(1-0-0)4-0
② イラク[114]  3(1-0-0)1-0
③ ヨルダン[93]  0(0-0-1)0-1
④ パレスチナ[115]  0(0-0-1)0-4

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: サッカー タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中