克己復礼 論語 顔淵第十二(一)


论语 颜渊第十二

顔淵問仁。子曰、「克己復礼為仁。一日克己復礼、天下帰仁焉。為仁由己、而由人乎哉?」
顔淵曰、「請問其目。」
子曰、「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、非礼勿動。」
顔淵曰、「回雖不敏、請事斯語矣。」

帰:称賛。目:項目。回:顔淵のこと。

顔淵が仁徳をどのように実践すればよいのかを尋ねた。孔子先生が言われた。
「己の欲望に打ち勝ち、言行を礼にかなったものにすることがすなわち仁だ。一旦それがえきれば、天下の人はみなあなたのことを仁の人だと認めるだろう。」
顔淵が尋ねた。「仁を実行する要領をお聞きしたいのですが。」
孔子先生が答えた。「礼に合わないものは見ない。礼に合わない話は聞かない。例に合わない話はしない。例に合わないことはしない。」
顔淵が言った。「私は愚かな者ではありますが、先生のお話の通りに行いたいと思います。」

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 論語, 中国文学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中