地下鉄サリン事件から20年


歴史は風化するとはよく言ったものだ。

地下鉄サリン事件を知らない世代が増えた。

あの事件を起こしたオウム真理教は、人が不安になった時、宗教に頼ってしまうということを如実に示す象徴的な集団だった。宗教に頼る人は哀れだ。「イスラム国」に頼る人も同様だ。

私は宗教を研究はしても決してのめり込んではいけないと思っている。

宗教とは人の弱みに付け込んで生まれる商売だと思っている。仏教もキリスト教も同じだ。わたしは仏教の教えにもキリスト教の教えにも興味はある。なぜなら、それは科学的に考えて人類を救う可能性のある考え方だからだ。だが、神を信じて己の思想まで変更するつもりは決してない。

なぜなら、それら宗教は興味のある教えである一方、世界に自分の思想を伝えたいという野望あるいは金儲けの集団である、つまりは邪教集団であることに間違いないからだ。

20年二昔、オウム真理教の教祖麻原氏は実に恐ろしい邪教集団の教祖である。そこにのめりこむ人たちは弱い人たちである。

私は敢えて言わせてもらうなら、キリスト教信者も弱い人たちだと思っている。私は神の存在など信じない。わたしは私の生き方をする、決して「神」や「アラー」などの指示には従わない。

そうした邪教集団の指示に従って、殺人を犯すような人々と行動を共にする人たちに警告する。

神もアラーもないのだ。ただただ己を信じよ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ タグ: , , パーマリンク

地下鉄サリン事件から20年 への2件のフィードバック

  1. giichi2 より:

    賛成です。
    初めて使っている者ですので、長くは書けませんが、賛成です。

    いいね

    • wildsum より:

      イエスもアラーも仏もすべて想像上のもの、それらに振り回されて、自分自身のあり方を人にゆだねるなんて、何かがおかしい!最近のオーム裁判の話を聞くと、ますますそう思います。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中