高校サッカー決勝


第94回高校サッカー選手権大会は今日、9日準決勝が行われた。

第一試合 東福岡2-0星稜
第二試合 国学院久我山2-1青森山田

何事もそうなのかもしれないが、決勝より準決勝のほうが面白い。第一試合は東福岡が圧倒していた。昨年優勝した星稜は残念ながら、連覇を逃した。東福岡は昨年夏の大会で優勝しているので、その時の勢いがそのまま出たと言える。第二試合はどちらが勝っても不思議はない内容だった。ただ久我山の方がパスがよくつながっていて、得点のチャンスも多かったように思う。

決勝は福岡代表の東福岡と東京A代表の国学院久我山の対決となった。過去の歴代優勝校を調べると、東京代表で優勝経験があるのは帝京高校だけ、福岡代表で優勝経験があるのは東福岡だけだ。

東京代表は1997年、1998年に連続して福岡代表の東福岡と決勝戦で対戦し、敗れている。それ以後、東京代表が決勝に進出するのは久しぶりだ。また、東京代表が優勝するのは、1984年の帝京以来だ。久我山が優勝すれば、1984年の帝京以来であり、東京代表としては2校目となる。

福岡代表は2003年に筑陽高校が準優勝しているが、それ以前だと、1997年、98年連続で、東福岡が決勝に進出し、優勝している。優勝すれば、こちらも久しぶりだし、三度目の優勝となる。

なお、過去に複数回優勝しているのは下の一覧表の通りだ。(旧制:旧制中学校)

[優勝回数]複数回優勝校 (県)優勝年度
[11回]御影師範(旧制・兵庫)1917,18,19,20,21,22,23,25,28,30,31
[6回]国見(長崎):1987,1990,92,2000,01,03
[6回]神戸一中(旧制・兵庫):1924,29,32,35,38,46
[5回]市立船橋(千葉):1994,96,99,2002,11
[4回]浦和市立(埼玉):1959,60,64,72
[4回]藤枝東(静岡):1962,63,66,70
[4回]帝京(東京A):1974,77,79,84
[3回]浦和(埼玉):1951,54,55
[3回]浦和南(埼玉):1969,75,76
[3回]清水商業(静岡):1985,88,93
[2回]古河一(茨城):1978,80
[2回]広島一中(旧制・広島):1936,39
[2回]鹿児島実業(鹿児島):1995,2004
[2回]秋田商業(秋田):1957,66
[2回]習志野(千葉):1965,71
[2回]東福岡(福岡):1997,98

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: サッカー, サッカー選手応援, サッカー応援, スポーツ タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中