日本語?中国語?


横浜中華街の中華料理店に入ると、お客の半分以上は日本人なんだけど、時々中国人も入ってくる。

店員が「何名様ですか」と聞くと、「3人」と答える。日本的な答え方。中国人なら、「3名」という人が多い。日本人らしいその3人、驚いたことに、テーブルについてから、ずっと中国語で話している。きれいな中国語だ。どうやら中国人のようだ。

その後、中国人店員が来て片言の日本語で何か言うと、やはり日本語で答える。中国人同士が日本語で話している風景に何か違和感を感じた。

そう、ここは日本なのだ、中国人同士でも日本語で話すのが当然だと思いつつも、もし、わたしが中国に行き、日本料理店に入って、日本人の店員に中国語で話すだろうかと思ったら、答えはノーだ。

中国人が中国人の店員に日本語で話している光景を見て思ったこと、それは「郷に入っては郷に従え」ということが中国人にとっては当然なのかもしれないということだった。

中国語では、「郷に入りては郷に従え」を「入郷随郷」という。これも中国のことわざだ。中国は大きい。

地方に行ってその土地の習慣に従うというのは当然の流儀なのだろう。たとえば、北京の人が広東省に行ったら、たとえ北京の人同士でも広東語を使うというような習慣があったのだろうかと思われる。

そう言えば、以前も中華街の店で、店員の中国人の客が、日本語で話していていたのを聞いたことがある。聞けば、出身地が違ってて、方言では通じないということだった。日本語なら通じるということだろうか。面白い現象だと思ったことを思い出す。

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中