吾日三省吾身


曽子先生が言われた。「わたしは毎日反省している。人のために何かをして、十分に力を尽くしたか?友達と付き合っていて、信頼を裏切るようなことがなかったか?教えられたことをちゃんと復習したり実践したりしなかったのではないか?と。」

論語学而第一にある曽子のことばだ。最近の学生はいったいこうしたことを考えていいるだろうか。最後の一文は下村胡人の訳によると、「自分が実践できないことを伝えたのではないか」となっている。こう訳すと、人に教える立場の人にとって重要なことばになる。

絶えず人のために全力を尽くし、信頼を勝ち取り、覚えたことを実践することだ。だが、最近、体力を失ってきて、どれだけのことができるのかと不安に思う近頃だ。ただできるだけそうすることが大切なのだろう。

【原文】曽子曰、「吾日三省吾身、為人謀而不忠乎?与朋友交而不信乎?伝不習乎?」
【書き下し文】曽子曰く、「吾日に吾が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざるか?朋友と交わりて信ならざるか?伝えられて習わざるか?」

【中文簡体字】学而第一(四)曾子曰:“吾日三省吾身,为人谋而不忠乎?与朋友交而不信乎?传不习乎?”
【现代中文】曾子说:“我每天多次对自己进行反省:替别人办事尽心竭力了吗?与朋友交往以诚相待了吗?老师传授的知识温习了吗?”

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中