サッカーJリーグの位置!


先週末、Jリーグチャンピオンシップの決勝があった。結果は浦和が鹿島に1-0で先勝した。第2戦は明後日3日(土)に浦和のホームで行われる、浦和が優位なことは間違いない。

ただ先日の第1戦を見て思ったことがある。それはゴールを外れるシュートが多すぎるということだ。印象に過ぎないのかもしれないが、決定的な時に枠を外れたシュートを打つのを見ていると、Jリーグはまだまだ世界標準に程遠いなと思わざるをえない。

アジアチャンピオンシップを見ると、ここ最近情けない結果が続いている。2007年浦和が優勝、2008年G大阪が優勝、それ以後、韓国チームが4度、中国チームが2度、後、カタールのチームとオーストラリアのチームが1度優勝している。Jリーグのチームは決勝にも進んでいない。あのころと何が違うのか。一言でいえばアジアの各チームが力をつけてきたということだろうが、それはつまりJリーグが取り残されているということを意味する。

私の希望は、いつか、Jリーグが世界的なリーグになることだ。日本人選手がJリーグに在籍しながら世界的選手となる時代だ。あるいは外国の世界的選手がJリーグでプレーすることを望むような時代だ。もっと言えば、ヨーロッパに出て行かなくても、国内にいてこそ、実力をつけられる時代だ。そういう時代が来ることを願っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中