画像

蜜柑


護国寺の境内を歩いているとあちこちに蜜柑の木がある。ふと徒然草の「神無月のころ」を思い出した。

 神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに、はるかなる苔の細道を踏み分けて、心細く住みなしたる庵あり。木の葉に埋もるるかけひのしづくならでは、つゆおとなふものなし。閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる、さすがに住む人のあればなるべし。

かくてもあられけるよとあはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の枝もたわわになりたるが、まはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばとおぼえしか。

現代語に訳してみると、以下のようになる。

 旧暦10月のころ、来栖野というところを通り過ぎて、ある山里にたずねていったことがありましたが、遠くまで続く細道を苔を踏みしめながら進んでいくと、ものさびしい雰囲気の中に、人が住んでいるらしい庵がありました。木の葉に埋もれた掛樋の滴の音以外、誰も訪れるものはないようです。閼伽棚に菊や紅葉の葉などが折って散らかしてある様子を見ると、やはり住んでいる人がいるからでしょう。

こんな風にしても人住んでいられるのもしみじみ感じて見ていましたが、ふと向こうの庭を見ますと、大きな蜜柑の木で、実がなっていて枝がたわわになっているのがありました。ところが、その周りを厳しく囲って誰にも取られないようにしているのには、少し興ざめがして、この木がなかったらいいのにと思われました。

幸い、この寺の蜜柑の木は周りを厳しく囲っていない。この木がなかったらとは思うこともなく、ただしばらくの間、その楕円形の宇宙、鮮やかな蜜柑の色に見とれていた。

dsc_3561

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中