6年前の日記再録!


東日本大震災の当時の再録!

 3月11日、東北地方で地震と津波があり、多くの犠牲者が出た。ニュース等によれば、15日時点で、死者数3373人、行方不明者数7558人、合わせると1万人を超える。各県の死者数は、北海道1人、青森3人、岩手1193人、宮城1619人、福島506人、山形1人、東京7人、茨城19人、栃木4人、群馬1人、千葉16人、神奈川3人ということだ。死者数はまだまだ増えるかもしれない。冥福を祈りたい。また、家族を失った人たちのことを思うと、つらくなる。

テレビで、いくつかの街が津波に襲われ、壊滅する映像を見ると、どれほどすぐれた文明を持っていても、自然の前には、なすすべもないということを思い知らされる。家を失い、避難生活を余儀なくされている大勢の人達が、寒さの中、食料も乏しく、つらい日々を送っている。

関東地方においても、かなりの打撃があった。地震による被害もあったが、それより、大きな不安は、福島の原発が地震の影響でストップしたことで、電力需給が厳しくなったことだ。東電が計画停電を始め、交通網、商品流通などに大きな影響を与え、市民たちは動揺している。何よりの不安は、原発が爆発を繰り返し、放射能漏れが起こったことで、東京でも放射能に対する不安が広がっている。こんな時にはよくあることだが、デマが飛び交い、人々がパニックになる。デマを信じてはいけない。どういう筋の情報かをしっかりと確認してから、行動すべきだ。

まだ避難生活を送っている人もおられる。また心理的な後遺症に悩まされる人もいる。インフラ整備も不十分だと聞く。東北地方の真の回復まではまだまだ時間がかかるかと言われている。物理的にも精神的にも真に回復することを願って、ご冥福をお祈りし、黙とうを捧げたい。

今後、いつどこで地震が発生するかわからないと状況だともいう。明日かもしれないし、今のこの瞬間かもしれない。いつ何があっても、物と心の備えをしておかなければならないという気持ちを強く感じる。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中