6月23日!


1945年3月26日に始まり、6月23日に終了した沖縄戦。

それから72年が経過した。

沖縄県民の90%以上が戦後生まれだということを聞いた。

戦争の記憶が薄れつつある。

だからこそ、この日を決して忘れてはいけないと思う。

日本軍の兵士、民間人併せて20万人の死者がいたというが、そのうち、半分近くが民間人だったという。

防空壕に逃げ込む民間人を兵士が追い出したという話も聞いた。

日本軍兵士も米軍兵士も鬼となっていた。

殺さなければ殺されるという状況、人を殺すことが平気でいなければ生きていけない状況。

戦争の悲惨さ、残酷さを表現した小説は数多くある。

大岡正平「野火」、野坂昭如「火垂るの墓」、山崎豊子「大地の子」等、多くの人が読み継がれるべきだと思う。

改めて沖縄の平和を願う。

戦争のない世界、核なき世界とならんことを願う。

世界とならんことを祈る。

Advertisements

About wildsum

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
This entry was posted in エッセイ, 日記. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s