ベトナム語、中国語 !


最近、ベトナム人にも日本語を教えていて、驚いたことがある。

「ビーチ」と「ピーチ」の発音の違いを教えながら、ベトナム語では何というと聞いたら、「ビーチ」は「バイビエン」、「ピーチ」は「ダオ」だという。

驚いたのは中国語との共通点だ。ビーチは中国語で海辺(haibian/ハイビエン)。ピーチは中国語で桃子(daozi/ダオズ)

日本語の「桃」は「もも」、音が「とう」、音は中国語からもらったものだが、ベトナム語でも同様だということ。海辺はベトナム語と中国語がそっくりだ。結局、古代、中国を中心としてベトナム、韓国、日本にことばが広がったということだ。

感謝を表す語はベトナム語で「カムオン」、漢字で書くと、「感恩」。韓国語では「感謝(カムサ)ハムニダ」、漢字で書くと、「感謝(します)」日本語では「感謝します」「ありがとうございます」だ。古代東アジアにおける中国語の大きな影響を強く感じる。

ただし、今は日本語が世界に影響を与えている。「津波」は英語圏で「tsunami」だ。中国語は違う。「海嘯/haixiao」と言っている。日本でもこの「海嘯(かいしょう)」は日本語の辞書にも載っている。日本語の「海嘯」はちょっと意味が違う。「①海鳴り。②満潮時、川口を遡る高波」の意味だ。

中国の漢字をめぐって、日本、韓国、ベトナムが大きな家族のようになっている気がしている。だからといって、中国をオヤジのように尊敬しているわけではない。今の共産党政府のやることは気に入らない。民主主義を封じ込め、言論弾圧をしている姿は戦前戦中の日本と同じではないか。

それでも、ぼくは、どこまでも中国文化が好きだ。東アジア各国に大きな影響を与えた中国古代文化を、現代中国政府は別として、今も尊敬している。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: 中国語, 中国文学と中国語 タグ: , , , , , , , パーマリンク

ベトナム語、中国語 ! への8件のフィードバック

  1. slecfarm より:

    ベトナムの言葉が、中国語や韓国語にもつながっているような。言葉って不思議ですねー(^^♪

    いいね: 2人

  2. Eiichiro Kawasaki より:

    私が中国人の友人(50歳くらい)に、「中国は素晴らしい漢字を生み出し、儒学や陽明学などは日本に大きな良い影響を与えた。素晴らしい武士の精神の多くがそこから来ている…」と言うと、「そう、そして中国人自身はそれを忘れて、日本人がしっかりと受け継いだ」と、中国人本人が言います。

    現在の中国の漢字の多くは日本から逆輸入されて成り立っているそうですが、その詳しい程度までは分かりません…

    いいね: 3人

    • wildsum より:

      その通りですね。ぼくの大好きな論語や唐詩をついて、中国人に聞いたら、よく知らない人が多いようです。それから、逆輸入と言えば、社会や研究、幹部などがそうですね。

      いいね: 1人

  3. 6413862cyh より:

    中文不介意的话我也可以教啊

    いいね: 2人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中