思い出


きのう21日は二十四節気のひとつ、小満。草木が繁って天地に満ちるとき。美しい緑の野原へでかけ、草の上に寝転んで空気を思い切り吸い込みたい。

そう思ったら、ふと思い出した中学三年の5月ごろのこと。当時は、しばしば家族のこと、学校のことで思い通り行かず、心が鬱屈としていた。

そんな時、よく団地の背後にそびえる小山に登っていた。そして、小山の中腹に広がる草原に寝転び、流れる雲を眺め、あの雲はどこから来て、どこへ行くのかとか、眼下に広がる団地を見下ろし、まるでマッチ箱だなと考えたりしていた。

そうやって、やりきれない気持ちを少しながら晴らしていた十五歳のあの頃は遠い昔。

DSC_0816

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中