W杯6/16 B組


日本時間6月16日午前0時、アジア№1のイラン(FIFAランキング37位)がアフリカ代表のモロッコ(41)と対戦した。B組には、ポルトガル(4)とスペイン(10)がいる。この2チームがグループを勝ち抜くのは間違いないと思うが、イランにも可能性がないわけではない。

さて、イランとモロッコの試合はモロッコが圧倒的に支配していた。ポゼッションもシュート数も圧倒していたが、イランは、後半アディショナルタイムに相手のオウンゴールでかろうじて勝利し、勝ち点3を獲得した。

もう一つの試合、ポルトガルとスペインの試合は点の取り合いになった。ポルトガルはクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを、スペインはディエゴ・コスタが2ゴール、ナチョが1ゴールを決めた。結局3-3で互いに勝ち点1を取り合った。

クリスティアーノ・ロナウドは、開始4分、自らがペナルティエリア内で倒されて得たPKを決めたが、あの倒れ方は少し疑問だ。接触しただけで倒れるのを見たら、この男が少し嫌いになった。2点目はゴール正面のペナルティエリア外から左足シュートを決めた。GK正面だったが、強烈なシュートのため、GKが取り損ねてゴールが決まった。前半はスペインもディエゴ・コスタがゴールを決め、前半はポルトガルが2-1とリードして終了。

後半に入って、ディエゴ・コスタが2ゴール目を決め、さらに、ナチョが強烈なシュートを決めて、スペインが3-2と逆転した。このまま試合が終わると思われたが、試合終了間際の88分、スペインゴール正面で得たフリーキックをクリスティアーノ・ロナウドがゴール右隅に突き刺して、結局引き分けた。

Bグループ
1.イラン(37)  3(1-0-0)1-0
2.ポルトガル(4)  1(0-1-0)3-3
2.スペイン(10) 1(0-1-0)3-3
4.モロッコ(41)    0(0-0-1)0-1

 

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: サッカー, サッカー選手応援, スポーツ, ワールドカップ, タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中