W杯6/27


ワールドカップロシア大会グループCでは、オーストラリアが敗退が決定していたペルーに2-0と圧倒され、最下位となった。Dではアルゼンチンが崖っぷちから上がってきた。ナイジェリアに2-1で勝利。2位通過することになった。クロアチアは2戦全勝で1位通過した。

【C】オーストラリア 0-2. ペルー
【C】デンマーク 0-0 フランス
【D】アイスランド 1-2 クロアチア
【D】ナイジェリア 1-2 アルゼンチン

ここでふと思ったのだが、初戦勝利したチームと敗退したチームはどうなったのか、A~Dグループで確認してみた。

A1ウルグアイ(14)  9(3-0-0)5-0 ○○○
A2ロシア(70)  6(2-0-1) 8-4 ○○×
B1スペイン(10) 5(1-2-0) 6-5 △○△
B2
ポルトガル(4) 5(1-2-0) 5-4 △○△
C1フランス(7) 7(2-1-0) 3-1 ○○△
C2デンマーク(12) 5(1-2-0) 2-1 ○△△
D1クロアチア(20) 9(3-0-0) 7-1 ○○○
D2アルゼンチン(5)  4(1-1-1) 3-5 △×○


A3サウジアラビア(67位)  3(1-0-2) 2-7 ××○
A4エジプト(45)  0(0-0-3) 2-6 ×××
B3
イラン(37) 4(1-1-1) 2-2 ○×△
B4
モロッコ(41) 1(0-1-2) 2-4 ××△
C3ペルー(11) 3(1-0-2) 2-2 ×△△
C4オーストラリア(36) 1(0-1-2) 2-5 ×△×
D3ナイジェリア(48) 3(1-0-2) 3-4 ×○×
D4アイスランド(22) 1(0-1-2) 2-5 △××

○グループ通過した国の初戦:5勝3分0敗
○グループ敗退した国の初戦;1勝1分6敗

こうしてみると、初戦に負けたチームは100%通過していない。初戦勝利してグループ敗退したのはイランだけだ。初戦で勝っても、2戦目で敗れたことが大きい。初戦勝った6チームの2戦目を見ると、4勝1分1敗。この1敗したのがイランだ。それから、初戦で負けた6チームはすべてグループで敗退している。

また、グループ突破した国はロシアの70位を除けば、みな世界ランキング20位以内だ。敗退した国はペルーを除けば、みな21位以下だ。これもロシアとペルーが例外だと言えよう。

Eグループ以下で、イランと同じように初戦勝利しながら、敗退のピンチにあるのはスウェーデンだ。それから逆に初戦敗れながら、グループ突破できるかもしれないのはドイツだ。さて、初戦勝ち負けがグループ突破に大きく影響するというジンクスを破るのはなかなか難しいようだ。


グループ成績

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: サッカー, サッカー選手応援, サッカー応援, スポーツ, ワールドカップ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中