並ぶ!


先日、通勤途中、行列を見た。日頃そんなに人が来るところではないし、この町でそんな行列は見たことがない。珍しいと思ったが、考えて見れば、今は、食べログとか「インスタ映え」の流行する社会だ。誰かがインスタグラムに投稿し、それを見た人たちが、その場所に殺到し、群がる、あるいは行列を作る。

ニュースなどによると、そういう店には遠い所からも来るらしい。移動に関わるエネルギーも、行列に並ぶエネルギーもたいしたものだと感心する。それに、炎天下、汗をかきながら、行列に並び、1時間後に、ようやく店に入り、また汗の出るラーメンをかっ込み、店を出る。そのために消費したエネルギーと代金は大変なものだ。

だが、今の世界、そういう人がいなければ成り立たない社会なのだ。誰かが宣伝し、大勢の人がそれを見て動く。移動手段に、そして贅沢な食事や体験をしてもらうことが重要なのだろう。消費社会でなければ生きていけない日本にとって大事なお客様なのだ。

並ぶというのは世界でもあまりないのではないか。中国にいた時、バスに乗る際には誰も並ばなかった。日本特有のものかもしれない。そう思っていたら、渋谷の忠犬ハチ公前に行列を作る外国人がいた。ハチ公といっしょに写真を撮るのが目的らしい。かれらはハチ公に出会うために日本の渋谷までやってきて、それから渋谷の町で消費するのだ。

ぼくは団体行動が苦手だ。修学旅行でも仲間とはできるだけ離れて行動した。集団行動訓練なんか大嫌いだった。中学の運動会でフォークダンスの時間はお腹が痛いと嘘をつき、トイレに隠れていた。とにかく、大勢の人と同じ行動をすrのが苦手だ。バスや電車に乗るなどやむを得ない時を除いて、並ぶことも大勢と行動をともにするのが大の苦手だ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中