愛!


小説や映画、それにドラマを見ていて思う。愛する人のために戦ったり、罪を犯したり、命を落としたりする、また、愛する人のために一生を費やした人のドラマだ。そんな作品を見ていつも思う。

さて、ぼくにはそんな人がいるだろうか。考えて見れば、ぼくは自分自身を愛していないような気がする。自分自身さえ愛せない人は他の人を愛せないともいう。そう、ぼくは、自分も含めて人を愛したことがないような気がする。

そもそも「愛」というのは何か。ドラマの世界にあるような「愛」はぼくにはなかった。愛したいと思った人はいても、本当に愛した人はいなかったような気がする。何だかさみしい。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中