上を向いて歩こう!


8月12日は御巣鷹山にJALの飛行機が落ちた日だ。520人の方の命が失われた。その中に歌手の坂本九さんがいた。

自分がいちばん好きなのは坂本九の「上を向いて歩こう」だ。その坂本九が、1985年8月12日、JAL123号の墜落で亡くなった。

二十代のころ、よくこの歌を口ずさみながら歩いたものだ。日本の歌謡曲のほとんどが好きになれなかったが、この歌だけは、自分の心をいつも慰めてくれた。

坂本九の歌う「上を向いて歩こう」はこちらから視聴できる。


「上を向いてあるこう」

歌:坂本九
作詞:永六輔
作曲:中村八大

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す春の日
ひとりぼっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ星を数えて
思い出す夏の日
ひとりぼっちの夜

幸せは雲の上に
幸せは空の上に

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
なきながら歩く
ひとりぼっちの夜

<口笛>

思い出す秋の日
ひとりぼっちの夜

哀しみは星のかげに
哀しみは月のかげに

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように

泣きながら歩く
ひとりぼっちの夜
ひとりぼっちの夜


 

何人かの歌手たちが一節ずつ歌う「上を向いて歩こう」

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中