あきらめる!


朝、家からバス停まで数百メートル歩いていく。バス停につくと、ちょうど目の前でバスが出る。10分足らず、ベンチで待って、次のバスに乗る。

駅前について、ホームへの階段を駆け上ると、ちょうど乗りたい電車が出る。それから、15分ほど待って、次の電車に乗る。

S駅に着いて、山手線ホームまで地下3階から、地上2階まで息を切らせて、上る。ホームに着くと、ちょうど電車が出る。

また数分待つ。職場の最寄り駅に着いて、歩いて行き、職場に着いた時はもうクタクタになっている。

仕事を終えて、帰る時も似たようなものだった。職場の最寄り駅に着いて、ホームへの階段を登る途中で、「ドアが閉まります!」というアナウンス。急ぎたいが、人がいっぱいいて、前に進めない。やっとでホームにたどり着いた時、ドアが閉まった。

ようやく、自宅最寄り駅に着いた。やっぱり、乗りたいバスは予定通り出て、数秒遅れで乗れず、次のバスは予定時刻になっても、来ず。2分遅れで来た。

ついていない日だと思う。だが、よくあることだ。こんな時、腹を立てる人もいるが、ぼくは仕方のないことだと思うようにしている。当たり前のことなんだ。

人生長く生きていれば、それだけ、ひどく不運なことだってあるさ。それもこれも人生の一部だよ。焦らず、腐らず、その日その日をできる限り努力していくだけのことさ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中