日本のサッカー50位!


 FIFAの発表(29日)によると、日本サッカーの世界ランキングは前回と変わらず50位だということだ。アジアのランキングは、1位がイラン(世界ランキング29位)、2位がオーストラリア(41位)、3位が日本(50位)、4位が韓国(53位)となっている。

 世界ランキングでは1位がベルギー、2位がフランス、3位がブラジル、4位がクロアチア、5位がイングランドで、この5カ国に変動はなかった。

 テニス、バドミントン、卓球などでは、世界トップテンに入る日本人アスリートが結構いる。個人戦だと個人の能力で上に立ちやすいが、やはり団体戦となると難しいということだろうか。団体戦で世界トップテンに入るにはその国の社会の認知度が大きく影響する。

 男子サッカーも早くから社会的に認められ、誰もがサッカーをやる環境があったが、それでも、ベルギーやブラジル、ドイツなどとは比べることができないほど歴史的に浅い。強豪国と肩を並べるのはかなり難しそうだ。

 一方、女子サッカーがトップテンに入っているのは、やはり、世界と比較して、けっこう早い時期から社会が認めてきた結果だろう。すばらしいことだと思う。今後が楽しみだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中