21世紀は精神的な世界だ!


物欲に満ちた20世紀が終わって18年過ぎた。

21世紀は精神的な欲求の世界だ。

今、最も誰にとっても必要なのは「物」ではない。

最も必要なのは「心」だ。

豊かな心、満ち足りた心だ。

「もの」によって、精神的充実を図るのではない。

精神的なものの中にも不必要なものがある。

最も不必要なのは優越感だ。

次に不必要なのは物欲、権力欲、名誉欲、金銭欲。

最もあるべきものは物が少なくても充足を得る満足感、

次に必要なのは金銭では買えない幸福感。

特に思うのは、ゴージャスだとか、贅沢だとか物質的な充足感は要らない。

それらは精神的に得られるものとは全く違う。

物欲の時代はとうに終わっている。

金銭欲、物欲は人の精神を満足させない。

なぜなら、けっして尽きることがない欲だからだ。

贅沢三昧を尽くして、満足している人たちには得られないものがあるのだ。

バベルの塔は人に鉄槌を下した。

ぼくらが今、贅沢を尽くしているなら、21世紀のバベルの塔が出現するであろう。

今、僕たちに必要なのは精神的な愛、そして精神的な充足だ。

それらは金と無縁のものだ。

国民の貧困を知りながら、贅沢を尽くす元首がいる。

彼は裸の王様に等しい。

まもなく鉄槌が下されることだろう。

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中