無技巧!


歴史は人の作ったもの。
誰かの都合に合わせてつくられたもの。
歴史の中に真実なんてありはしない。

現代社会がどんなにおかしくなっても、
それは原始の時代から続いていること。
それは事実かどうかわからないもの。

しかし、人類の本質は変わらない。
どんなに美しく着飾ろうとも、
どんなに高価な器に盛られようとも変わらない。

飾り付けで料理の本質は変わりない。
いっそ、飾りをなくし、無技巧のものこそ
不変の真実に近い。

飾りつけられたものに偽物は多い。
装飾を見破ることが大切だ。
飾り付けたことばによってだまそうとする人たちがいる

米国、ロシア、中国、日本、
どの国のトップも飾り付けが巧みだ。
大切なのは無技巧の言葉たちだ。

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中