執着-ドラマの効用!


「愛する人を失いたくない。」 「彼(女)と離れたくない。離れるくらいなら、死んだほうがましだ。」 「これがなかったら、生きていけない。」 「どうしてもこれがほしい。欲しいものはどんな事をしても手に入れたい。」 「どうしても許せなかった。憎しみは消えない。」 「秘密を守らなければならない。」 「地位や名誉を失うのは耐えられない。」 「名誉を失うわけにはいかない。」  これらはしばしば犯罪ドラマで聞く言葉だであり、殺人の動機になる感情だ。  執着が心の苦しみを生み、心を壊してしまうのだ。ドラマはそれを描いている。ドラマ好きの人たちは、そうしたことを悟りたいとそろそろ思っているはずだ。そこにドラマの効用がある。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中