人生!


人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険だ。

芥川龍之介『侏儒の言葉』

実は最近、自分の人生をそんなに大仰に考えることがなくなった。成るようになるのだと考えるようになった。若い頃、自分の生には何らかの使命があるとか、何とか一大事を成さねばならないとか思って、焦っていた。そうして、人生に意義を求めようとしていた。だが、それもあほらしく思えてきた。

だけど、自分の人生なんて、そんなに大げさなものではないのだ。取るに足りないものだ。誰かの人生にとっては大きなものだったりするかもしれない。それはそれでいい。その人のためにも精いっぱい生きればいいのだ。決して焦る必要はない。

己が精いっぱいしていれば、誰かの役には立つだろう。だけど、それはそんなに重要な使命ではない。いや、それが本当は与えられた使命なのかも知れない。そう、そんなに真剣に考えなくてもいいのだ。その人、例えば、親のため、子どものため、伴侶のためでもいい。また、どこかで影響を与えている誰かのためでもいい。ぼくが持っている力で、誠実に精いっぱい生きればそれでいいのだ。

気負う必要はない。あるがままの生き方をすればいい。そして、誰かに褒めてもらいたいとか、認めてもらいたいとか考えなくてもいいのだ。役立とうと考えることも必要ない。ただ、できることをすればいい。それで、自分はそれなりに生きていればいいのだと思うようになった。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中