天災人災!


74年前(1945年)の3月10日、アメリカ軍による東京大空襲があって、東京は焼け野原となった。死傷者約12万人、23万戸が焼けたと言われる。その5ヶ月後には広島と長崎に原爆が落とされた。この3月から8月までの5ヶ月間に、非軍人の日本人が、30万人から40万人殺されたのだ。

もちろん、他の国で日本軍が殺した数も数え切れないが、5ヶ月間で、ある一国が、これほどの数の一般人を殺したというのは驚かされる。この酷い殺人の原因は、まず無謀な戦争を仕掛けた日本軍にある。またここまでされなければ、敗戦を認めなかった日本政府にも非はある。

ところで、8年前(2011年)の3月11日には、東日本大震災があった。地震と津波で死者は1万8千人あまりだったと言われる。地震も津波も天災だ。だが、一部には人的災害というのもあるようだ。津波対策が不十分だったとか、原発事故に至っては明らかに政府や東電の対応に問題があったと言われ、人災と言える部分もあるそうだ。

三月は別れの季節、卒業式も今盛りだ。21日の春分のころ、関東では桜が咲く。そして、月は旧暦如月の満月。春爛漫の季節がやってくる。桜と満月、そして、四月には新たな出会いがある。楽しみな季節の到来だ。

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中