病院にて思うこと!


小学生の頃、扁桃腺を患って入院した時、とても楽しかった。

同じ入院患者の女の子とエレベーターに乗って遊んだ。

ある日、エレベーターが途中階で停まり、ぼくたちは泣き出した。

何とか救われたものの、ぼくたちは叱られた。

大人になってから、何度かけがをして入院した。

そのたびに、ぼくは病院に親近感を感じた。

安らぎさえ感じた。

だが、最近になって母に付き添って病院に行くと、

自分の病気でもないのに不安を感じる。

テレビを見ていて、ある芸能人がふいに酷く痩せた姿で画面に登場する。

その後、彼は癌で死去する。

ぼくの不安の正体はわかった。

それは病院の待合所にいる人たちに感じる終末の匂いだ。

病院には死に近い人たちの匂いだ。

それは人には誰でも当然訪れる終焉の匂いなのだ。

草が花が終末を迎える時の匂いと同じだ。

人は自然の一部なのだから、

自然が枯れる時、死滅する時に発する匂いは何においても同じだ。

それを悲しいと言っても仕方ない。当然の匂いなのだ。

だが、ただそれが不安で仕方ないだけなのだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中