さらぬ別れ!


 前に書いた記事に続いて、もう一つ、在原業平の歌にすてきだと思っている歌がある。

世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もと祈る人の子のため

(『伊勢物語』84段「さらぬ別れ」)

 これも『古今和歌集』と『伊勢物語』にある在原業平の歌だ。『伊勢物語』第84段「さらぬ別れ」を以下に記す。

 むかし、男ありけり。身はいやしながら、母なむ宮なりける。その母、長岡といふ所に住み給ひけり。子は京に宮仕へしければ、まうづとしけれど、しばしばえまうでず。一つ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり。さるに、師走ばかりに、とみのこととて御文あり。おどろきて見れば、歌あり。

老いぬれば さらぬ別れの ありといへば いよいよ見まくほしき君かな

 かの子、いたううち泣きてよめる、

世の中に さらぬ別れの なくもがな 千代もと祈る 人の子のため


(『伊勢物語』 第84段「さらぬ別れ」)

 現代語訳すると、以下のようになる。

 昔、男がいた。身分は低いけれど、母親は皇族であった。その母は長岡というところに住んでいらっしゃった。子どもはというと都で宮仕えしていたので、母親のところへ参上しようとしても、頻繁に伺うことができないでいた。親のほうでも子どもが一人っ子であったので、とても大事に思っていた。そうしているうちに年の瀬の12月になって、「急な用事」といって母親から手紙がきた。男が驚いて見ると、そこには歌が書いてあった。

 年を取ってしまうと、避けることができない死別というものがあるというので、ますます会いたいと思うあなたですよ 

 これを見た男はひどく泣いて、歌を詠んで返した。

 世の中に避けることができない死別がなかったらなあ。千年も生きていて欲しいと願う人の子のため

 さて、今、ぼくの母はますます年老いて認知症も進んできた。ますます母を思う気持ちは強くなった。「さらぬ別れのなくもがな」と思い、いつまでも健康でいていてほしいと願っている。これは千数百年前も今も、また、どの国の人にとっても共通する普遍的な心情だ。

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中