違和感!


先日のこと、電車に乗っていたら、向かいの席に座っている人が気になった。

春だからか、全身ピンクの人が座っていたのだ。ピンクの髪、ピンクの眼鏡、ピンクのシャツ、ピンクのスカート、ピンクの靴。

それだけでも違和感を感じたのだが、もっと驚いたのは、のぞき込んでいるスマホを握る手がひどくごつかったことだ。顔も肩もいかついものだった。どう見ても男だ。

これも時代の象徴なのか、この現代社会には、男だから、こうしなければならない、女だからこうしなければならないという束縛から逃れた人たちでいっぱいだ。

男がピアスをする、マニキュアをする。そんなことが許される時代は20年ぐらい前からとっくに来ていたはずだ。男がスカートをはいてもいいというのもかなり前からあった。

だが、ぼくにはいまだになじめない。それはすり込まれた常識なんだろうなと思いながら、違和感を拭いきれなかった。

考えてみれば、東京には古くからの常識を破る人がいっぱいいる。以前は全身黄色ずくめの男の人を駅のホームで見たことがある。

誰もが認めるとおりいろいろな外国人も多い。こうなると、古い常識は通じない。何か、自分が異邦人になったような気がしてくる。

これまで持っていた古い常識はどんどん崩されつつある。それをよいこととすべきなのだろうが、いつまでも違和感を感じているのはぼくだけだろうか。

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中