心の傷


外国人相手に日本語の間違いを注意したのだが、それがしつこく追求したり、嫌みな言い方だったりすると、相手の心を傷つけることになる。

責めてるつもりはなく、ただ誤りを直そうとしただけでも、それが相手の自尊心を傷つけているとしたら、やはり言い方に気をつけなければならない。

どんなに相手が間違っていると思っても、責めてはいけないということだ。責めれば、その人の自尊心を傷つける。心の傷は癒やせない。

これは教師にとって大事なことだが、人との交際においても重要なことだ。人を傷つければ、必ず自分にはね返ってきて傷つけられられるということだ。

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中