尊敬と軽蔑


軽蔑されて当然の人など、この世界のどこにもいない。

たったこれだけの真実さえ誰もが忘れられている現代社会。

多くの人が他人を軽蔑することで、自分の尊厳を保とうとうする。

自分を軽蔑するのなら、まだしも、人を軽蔑するなんて愚かなことだ。

誰かを軽蔑する人は必ず、自分あるいは誰かを尊敬している。

ぼくは誰も尊敬していないし、誰も軽蔑もしていない。

なぜ、人をランク付けするのだろうか。

ぼくより尊い人もぼくより愚かな人もいないのだ。

広告

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中