流行嫌い!


ぼくは子どもの頃から、ジャニーズやアイドルが大嫌いだった。なぜなら、少年少女から金をむしり取るための手段に見えたからだ。

今、AKBだとか何とかいう少女のグループがある。これも大嫌いだ。なぜなら、大人たちが少女たちを利用して、大の大人たちから金をむしり取ろうとしているからだ。

総選挙と言って、CDを何枚も買わせる手法には感心するが、同時に嫌悪する。流行は誰かによって作られる。

土用の丑の日に鰻を食べる、バレンタインデーにチョコレートを送る。恵方巻きと言ってわけのわかないものを食べる、そういった習慣は誰かが儲けるために作った流行だ。

ぼくは評判の店だというものに興味がない。テレビのCMやSNSで流された店に客が殺到する。そこにも商売人の策略が見え隠れして、嫌悪感を感じる。

おいしいものはおいしい。いいものはいい。だけど、コマーシャリズムに成功したたものだけが勝つというのはどうにも納得できない。自分の目で耳で舌で鼻で感じたもの以外信じたくない。

何百キロも遠いところから尋ねてきて、たかが卵かけご飯を食べに来る客がいるとか聞くと、乗せられたなとしか思わない。

世界はどんどん狭くなっている。人の評判に流されて行動することだけは避けたい。テレビCMでタレントが宣伝しているからと言って、信じるのは止めた方がいい。

政治も経済も流行もTVやインターネットが動かしている。それがただただ気に入らないのだ。誰かの企みがみえかくれしている。このブログにしてもそうだ。あんまり信用しないほうがいい。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中