現実は退屈なもの!


 サスペンスドラマが好きで、主に警察ドラマを見ているが、いつでも偶然が犯人逮捕のきっかけになっている。世の中にそんな偶然はほとんどない。

 あるとしても、それは些細な取るに足りない偶然だ。恋愛ドラマにしてもその他のドラマにしてもそうだ。やはり、現実はドラマとは違う。

 事実は小説よりも奇なりということばを聞いたことがあるが、今、思うに、小説やドラマは現実よりも奇なりである。ドラマの世界は奇跡が起きすぎる。

 偶然も奇跡も一生に一度か二度程度のものだ。現実は本当に退屈なものなものだ。一年365日、毎日退屈に過ごしているのが現実なのだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中