眠れない夜


 このごろ、眠れない夜が続いている。今、午前5時過ぎ、下弦の月が西に傾いている。

 昨日の朝も夜が明けるころ、空が青さを増してくるころ、ようやくうとうととしてきた。いつしか眠ってしまったようだが、9時ごろ目覚め、また、二度寝し、10時ごろ慌てて、布団を出た。急いで支度をして、家を出た。

 仕事は午後からだった。エナジードリンクを飲んで、出勤。夕方まで頑張った。家に帰り着いたのは七時頃、それから、夕飯を作り、母と食事した。

 昨晩もいつもどおり、一時過ぎて、寝ようとしたが、なぜか、布団の中で、横になったまま寝付けない。どうせ眠れないのならと、スマホの小さい画面を見ながら、この記事を記している。

 母は相変わらず、酒を一定量飲んで、酔っている。フラフラしながら、酒を探すが、見つかるはずもない。ぼくが隠してあるのだから。

 今、隣室でいつまでもすすり泣いている。飲みたい酒を隠されたからか。いや、隠したのは久しぶりだ。この泣き声は隠したこととは関係なく毎晩続いている。違う理由があるはずだ。自分の人生を嘆いているのか、毎晩、夜が明けるころまで泣いている。

 小さいころも聞いた泣き声だ。うーうーと唸るような泣き声。時にはがうっうっと声をつまらせるような泣き方をする。あの頃、母は父と姑の間で毎日悲しい思いをしていた。父が亡くなったあと、飲めなかった酒を飲むようになり、タバコも吸うようになった。

 酒とタバコで悲しみを紛らわそうとしていたようだ。その時からの習慣だ。今はタバコをやめたものの、酒だけは少しずつ量を増やしながら毎夜酔っては泣いている。医者からは半分の量にしなさいと言われているが、聞く耳がないようだ。

 ぼくは今、母を悲しませているのだろうか。楽しませていないことだけは確かなようだ。母がこれから生きていく間、ぼくはこの問題にずっと悩まされ続けるのだろうか。そして、同時に、自分自身の不眠症と戦わなくてはならないようだ。

 今、週に3日ほど働いている。明日も昼からの仕事に出るため、10時半には家を出る。体力の限界が来そうだ。何とかしなければならない。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中