原初の心


街が発展し、生活が電化され、ますます、生活が便利になる。

だが、決して忘れてはならないことがある。

それは原初の生活だ。

原初の人は便利さや快適な生活に喜びを感じ得ない。

ましてや、セックスによる快楽などどうでもよかったように思う。

本当の喜びはそんなところにない。

もっと深いところに人の喜びはあるはずだ。

原初の人々にとっての喜びはおそらく一日の平和だ。

今日食べられることだ。

近頃年を取ったせいか、あまり現実の喜びに関心がない。

ただ原初に近い心で感じる喜びとはどんなものだろうかと考えている。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中