ものの価値?


芸術作品の価値は誰が決める?

例えば美術作品、価値があると言われても、どこがすばらしいのかわからない。

あるとき、美術館に行ったら、かなり大きくて、真っ黒な絵を見たことがある。

何も感じなかった。ぼくには芸術に対して感じる心がないのかと思った。

だが、ふと思ったのは「裸の王様」だ。

権威のある誰かがこれは価値があると言ったら、価値がある。

反対するものはいないというような世界だ。

芸術作品の価値は誰が決める?

普通の茶碗を見て、権威のある人がこれは1億円の価値はあると言えば、1億円なんだ。

人の価値もそうだ。美人にしても、ハンサムにしてもどこか同じだ。

言った人の価値がそのまま価値になる。

そんな世界が不思議でならない。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

ものの価値? への2件のフィードバック

  1. orca より:

    確かにそうかもしれませんね。その中で、自分の価値観を信じ、自分の大切にしたいものをしっかりと大切にしていきたいものです。

    いいね

    • wildsum より:

      コメントありがとうございます。世間が価値を認めるものが、ぼくにはまったく価値を感じないということが多すぎるんです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中