テレビ放送!


 母は年を取るにつれて、テレビ番組の嫌いなものが増えている。特に、ドラマ、医療に関係するドラマや漫画、それに、バカなタレントが出ておしゃべりする番組はひどく毛嫌いしている。それから、甘い恋愛ドラマなんかが始まったら、テレビを消してしまう。

 実は、ぼく自身似たところがある。ただ、ぼくは小さい頃から教養番組が好きだったのに、父が歌謡番組が好きだったため見せてもらえなかった。小さいころからくだらないお笑い番組や歌謡番組は大嫌いだった。

 ぼくは結婚してから妻の好きな洋画をいっしょによく見た。子どもが産まれたら、子どもの好きなアニメをよく見た。今、母の好きなサスペンスドラマをよく見ている。ぼくが本当に好きなものは何だろうかと思った時、ぼくの好きなテレビ番組はないように思う。

 要するにテレビが基本的に好きではないようだ。もしも、母が見たいテレビがなければ、テレビは電源オフにしている。スポーツもニュースも見なくたっていい。テレビはできれば消していたいと思うようになった。テレビは母の認知症を遅らせるためのものでしかなくなった。

 考えてみれば、テレビは国民を総白痴化するための道具でしかないように思えて仕方ないというのが最近の感想だ。放送局の人たちに言いたい。認知症を遅らせるためとか、大事なお知らせのためとか、さらには、幼児教育のためなどには必要だ。だが、それ以外のためのテレビ放送は止めてほしい。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中