理性と感性!


理性と感性は相反するものだが、どちらかを重んじる人は信用できない。どちらも大切なものだからだ。

僕はどちらかといえば、完成を重んじる方だ。理由は理性という点において劣等感を持っているからだ。

しかし、けっして理性を軽んじることはない。なければならないものだ。

ただ、理性ばかりを言う人がいたら、もう少し感性を信頼してはいかがですかと言いたくなる。

小さい頃、父と兄と弟は理系、ぼく一人文系だった。囲碁は3人に勝てなかったが、将棋はいい勝負をしていた。

将棋はある程度、感覚的なものが、囲碁は理性的なものが必要だと言われた。

たしかにそうだった。僕は一人鬼っ子で理性より感性を大事にするほうだった。

今思うことはどちらも大切だということ。一方しかない人は大成しない。

ぼくの場合、どちらも乏しく、少し感性が勝っていたのだろうか、詩の分野に進んだ。だが大成はしなかった。

理由は理性の部分において欠けていたからだろうか。先輩にもっと現実を見ろといわれたことが忘れられない。

何ごとにおいても、理性と、感性の両方が必要なのだ。

人はどちらかに片寄っているが、一方を否定してはならない。これが最近辿り着いた結論だ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中