12月8日に願う


 忘れてはならない過去がある。78年前の今日、ぼくはまだ生まれてはいなかったが、その日、日本という国は悲劇を生み出し、その悲劇がさらに悲劇を生み出し続けた。

 かつての日本軍による真珠湾への奇襲攻撃。地獄絵が幕開きした日だ。多くの人たちが殺し殺された。無惨な殺し合い。米軍によって原爆が広島、長崎に落とされた後、戦争は終わった。歴史の時間に習っただけで、見えない真実もあるだろうが、なかったことにはできない哀しい過去だ。

 戦後74年が過ぎたが、まだ、終わっていないと言う人もいる。日韓関係はいまだ修復できていない。被爆者の苦しみはまだ終わらない。戦争体験者の心も瘉えてはいない。中国からの帰国二世の苦しみも尽きない。

 それでも、ぼくには祈るしかない。あらゆるものが回復に向かい、戦争のない世界の実現することを。そして、過去の過ちは決して繰り返さないことだ。

 そのためにも、核のない世界を目指して、武器を捨て、語り合うことだ。世界は複雑すぎて難しいというかもしれない。しかし、願う人が多くなり、声が大きくなれば、願いは通じるはずだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中