戦犯!


戦争中、爆撃で家族を殺された兵士が捕虜を殺したとされ、戦犯となり、死刑になった人たちのドラマを見た。

哀しい過去だ。殺されたことへの怨念、そして、上司の命令で殺人を犯したことで戦犯となった人たちのことを聞いて思うこと。

それはただ、戦争が殺し合いに過ぎないということだ。人殺しが国家の命令でなされるのだとすれば、それはこの上ない大犯罪だ。

首謀者である指導者こそ死刑になるべきだ。某国の戦争を動かしている指導者たちこそ戦争犯罪人だ。

戦争を止めよ!今すぐ、人殺しを止めよ。ぼくの願いはそれだけだ。上司の命令だろうと、恨みだろうと、人を殺してはならない。

平和を願うのは不変の摂理だと思うが、そうでもない人もいる。武器商人だ。彼らは武器を売るために、平和な世界を壊している。彼らこそ戦争犯罪者、戦犯だ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中