グルメ!


 中国で生活していた時、料理店に入ったら、鍋料理のメニューが壁にかけられていて、そこに鶏肉の鍋、牛肉の鍋、豚肉の鍋といったものといっしょに犬肉の鍋というのが並んでいた。犬の肉を食うのかと驚かされたものだが、中国は犬だけではない、蛙の肉も食べるらしい。

 日本でも、驚かされたことがある。熊本県に出張した時、いっしょに行った仲間が数人いて、みんなで名物の馬肉料理を食べに行こうということになった。付き合いで仕方なく、行って、少し食べた。ずいぶん高かった。帰り道、気分が悪くなって全部吐いてしまった。二度と食べようとは思わない。また、鴨料理の店で宴会をしたことがあるが、壁に鴨の剥製がかけられてあって、見られているような気がして、食べられなかったということもあった。

 料理文化というのだろうか、日本各地に、そして、世界各地にいろいろな料理がある。その土地の風土にあった料理を食べるのだろうが、それはそれでいい。ただ、楽しみのためだけにおいしい食べ物を追求する人の気持ちがぼくにはよくわからない。グルメを非難する気持ちはないが、ただ、人は生きるために動物の肉や魚肉を食べるのだと思うと、違和感を覚える。

 若い時、同僚の女性が言ったことばが忘れられない。生きている魚やエビを見て「わあ、美味しそう!」と言ったのだ。「牛や豚を見て美味しそうだと言えるだろうか」と反論したことを覚えている。生き物を食べるのは必要だから食べるのだ。美食家は病のもとだ。動物や植物の命をいただくことに感謝しながら、できるだけ粗食で生きていきたい。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中