不快なTVCMとギャンブル依存症!


 テレビは確かに便利な発明品だ。だが、デメリットも大きい。活字離れにも影響しているだろう。それに、商業主義の結果として、さまざまな不快感を与える存在でもある。テレビ番組からして、程度の低い番組が多すぎる。良質の番組は視聴率が低いのだろう。

 商業主義の結果、売れればいいというのか、番組もCMも質の低いものが多い。ドラマを見た後、チャンネルが予約したチャンネルに変わるまでの間、不快な日本語が耳に飛び込んでくる。

 ぼくがいる間はチャンネルを変更できるが、高齢の母はチャンネル操作できない。母はさらに敏感に不快感を感じるはらしく、嫌なCMが流れるとすぐテレビを消してしまう。その後、予約した番組を見ることができなくなる。ぼくがいてもたまたま耳に入る嫌なコマーシャルが多い。

 いちばん嫌な日本語は前にも書いたが、今から30分限りと言いながら、毎日繰返すCMだ。限りじゃないだろう。毎日、いや一日に何度も繰返すのだ。耳にするだけで日本語をバカにしていると思う。

 それから、ギャンブル、ゲームのCMだ。少なからぬ人たちがギャンブル依存症、ゲーム依存症で苦しんでいる。苦しんでいないとしても、多くの人が仕事や学習に支障をもきたしている。

 あるタレントの言う「年末ジャンボ、買わないという選択肢はないやろ」はいらだつことばだ。ギャンブル依存症になって死にかけた経験のあるぼくからしたら、買うという選択肢はない。だが、若い世代にはこのCMを見て、買いに行く人もいるだろう。

 横浜市長が横浜にカジノを誘致しようとしているらしい。どの駅前にもパチンコ屋があるという今の状況に、さらにギャンブルのメッカのような場所を作るってどういうことなんだ。ギャンブルは麻薬より怖いと思っている。はまったら抜けるのが難しい。ギャンブル大国日本はさらに貧富の差を広げそうだ。

wildsum について

I am a Japanese language teacher. I like to soccer and cooking,walking.
カテゴリー: エッセイ, 日記 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中